最新情報

2021 / 01 / 05
00:00

■<1月コラム>役員運転手になりたい!仕事としての魅力と適性は?

1_1_1_41695650.jpg

車の運転をする仕事にはいろいろな種類があって、仕事内容や待遇などが異なっています。その中でも、大手企業の役員クラスの移動をサポートする役員運転手に憧れている人もいるのではないでしょうか。そこで、役員運転手とはどういった仕事なのか、どのような魅力があり、どういう人に適正があるのかについて解説していきます。

 

 

■役員運転手とはどういった仕事?

役員運転手は、大手企業の取締役以上の役員や公的機関の役員などの移動を助ける仕事をします。役員のスケジュールに従い、専属ドライバーとして車を運転することになるのです。1日中役員の移動をサポートすることになるため、拘束時間は長くなります。役員が働いている時間は、常に待機していることになり、時には早朝や深夜まで仕事をするケースもあるのです。決まった労働時間がなく、拘束時間は毎日異なることが多いでしょう。ただし、労働時間が長くなったとしても、その分手当をつけてもらえます。

役員運転手は単に車の運転をしていればいいというわけではありません。身だしなみを整え、車内は常にきれいな状態を保つようにして、丁寧な態度や言葉遣いを心がけることが求められます。自社の役員だけではなく、他社の役員やお偉方を乗せるケースもあるため、失礼は許されません。気持ちよく移動してもらう努力が期待され、さまざまな工夫が必要となります。きちんと役割を果たして、人柄や仕事ぶりが認められれば、高待遇につながりやすいです。

 

 ■役員運転手の仕事の流れは?

役員運転手の仕事の流れはある程度パターンが決まっています。ここでは、例として役員運転手の1日の流れをみていきましょう。まず、車の点検や洗車を済ませた後、役員の自宅へ迎えに行って役員が乗車するまで待機します。

役員を会社まで送り届けたら、次の送迎まで現場で待機します。日中は役員を取引先などの目的地へ送るのが役員運転手の仕事です。場合によっては、役員と一緒に昼食をとることもあるでしょう。仕事がすべて終わったら、役員を自宅へと送り届けます。その後、車を車庫へ戻して終業後の点検や運転日報の作成などを行います。すべての作業が終わったことを確認したら、自分も帰宅するというのが一般的な役員運転手の仕事の流れです。

 

 ■役員運転手になるメリットは?

役員運転手になるメリットとしては、まずバスやタクシーの運転手に比べて給与が高い傾向にあることが挙げられます。稼働時間などにもよるので一概にはいえませんが、待機時間の長さを考えると役員運転手の給与は高水準だといえます。その代わり、質の高い運転やサービスを提供することが求められるでしょう。

次に、高級車を運転できることも役員運転手になるメリットの1つです。運転手を雇う企業では、役員のために高級な自動車を用意している場合が多いです。レクサスやベンツ、ベントレーなど、普段の生活ではなかなか乗ることができない車の運転を任せてもらえます。子どもの頃から高級車に憧れていたような人にとって、役員運転手は天職だといえるでしょう。

 

 ■役員運転手になるデメリットは?

役員運転手を目指すときは、デメリットについても知っておく必要があるでしょう。まず、役員運転手は役員の命を預かる仕事であり、重大な責任があります。もちろん役員に限らず、あらゆる客を乗せて運転する仕事には重い責任がありますが、役員の身に何かがあった場合、企業にも大きな損失が生じます。企業にとって欠かせない人材の命を預かるという意味で、特に責任の重い仕事だといえるのです。

また、役員運転手には運転技術だけでなく、気配りやビジネスマナーなど、さまざまなスキルが求められます。そのため、そもそも簡単にはなれないということもデメリットの1つです。役員運転手になるためには、しっかりと研修を受けて必要なスキルを身に付けなくてはなりません。

 

 ■役員運転手の平均給与は?

役員運転手の平均給与は25~40万円ほどだといわれています。ただし、給与は待遇や残業時間などにもよるので必ず25万円以上もらえるというわけではありません。年収が400万円を超えれば、役員運転手の中でも給与が多いほうだといえます。平均給与は高くないものの、ハイクラスだと認められれば高給も目指せるのが役員運転手のやりがいの1つです。安定感のある運転で実績を積み重ねていけば指名が増え、給与も徐々に上がっていくでしょう。

 

■向いているのはどんな人?

役員運転手は、役員の移動時間をリラックスできるものにするために細かな気配りをすることが求められます。自分が担当する人の性格や癖、好みなどを把握しておき、万全の環境を整えておくのです。たとえば、車内温度を調整する際には、役員の体質に合わせます。スムーズに乗車できるように最適なタイミングで待機して、扉を開けて待つことも大切です。事前に目的地までの地図を確認して、最短時間で向かえるようにします。安全運転することを最優先し、乗り心地のよい運転を心がけましょう。運転中は必要以上に揺れることがないようにして、急発進や急停車なども避けます。こういった気配りができる人は役員運転手に向いているでしょう。

運転手は乗車している人たちの話が聞こえてしまうことが多いのですが、そこで見聞きしたことは誰にも漏らしてはいけません。秘密をしっかりと守り通せる人も、運転手としての適正があります。役員のスケジュールに合わせて仕事をするため、急な予定変更やキャンセルが発生することが多いです。それに臨機応変に対応できる人も運転手に向いているといえるでしょう。また、コミュニケーション力も重要なスキルで、担当する役員と意思疎通を図ることができなければいけません。さらに、ほかの業務の担当者ともコミュニケーションをして連携を取れることも大事です。

 

 ■向いていないのはどんな人?

役員運転手が向いている人と同じように、向いていない人にもいくつかの特徴があります。まず、ビジネスマナーに自信がない人は避けたほうが良いでしょう。車の運転だけが役員運転手の仕事ではなく、取引先の役員に礼儀正しく対応することも大切です。最低限のビジネスマナーが備わっていないと、役員運転手の質から企業の評判を落としてしまう恐れがあるでしょう。また、気配りができない人も役員運転手には向いていません。役員運転手は、役員にストレスを感じさせないように細かく気配りをする必要があります。

 

■目指すなら人間力を磨こう

役員運転手は、優れた運転技術だけではなく、気配りやコミュニケーションの方法など人間的な魅力も重視される仕事です。担当する役員の移動をサポートし続ける仕事で、役員が気持ちよく安心して移動できるようにしなければいけません。人としての魅力がなければ、担当を外されてしまうこともあるのです。人間としての魅力は、日常生活のなかで周りの人と接するうちに身につけていけます。これまでの人生経験が人としての魅力を作るのです。

魅力的な人は、自分よりも相手を重視して行動しています。これは、自分がどうしたいかではなく、相手が何をして欲しいかを考える努力をすることが大切です。また、相手だけではなく、自分への気配りも忘れてはいけません。自分にどんな能力があるのか、自分はどう見られているのかに気を配り、自分にできる範囲の仕事をします。自分の能力を超えたことを無理にやろうとしても、相手が不安を感じてしまうからです。自分を知ることが相手を安心させることにつながります。役員運転手を目指したいならば、人としての総合力を高めるための努力をしましょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

Chauffeur・Secretaryに関する「TransACT America Inc.」の記事も読まれています

Today's Schedule