+81-3-6435-8559

トランスアクトグループ

トランスアクトグループ

最新情報

2020-01-20 00:00:00
■役員運転手を外部から導入したい!役員運転手の労働時間とは?

忙しい毎日のスケジュールをサポートしてもらうために、役員運転手の導入を考えている人も多いでしょう。実際に役員運転手を雇う場合には、労働時間はどうなっているのか疑問に思ったことがありませんか。今回はそういった疑問を解決するために、役員運転手を雇ったときの労働時間や、役員運転手を外部委託する際のメリットを紹介します。

 

 

1.役員運転手の労働時間とは

 

役員運転手は他業種のドライバーと違い勤務時間が断続的になり、担当する役員によってスケジュールが大きく左右されます。労働時間はどのように計算され管理されるのか気になっている人も多いでしょう。役員に専属して勤務する運転手は、役員の移動時間以外は次の移動まで待機します。この待機時間も労働時間と考えられ、給料が発生しています。運転以外の時間は、移動経路の渋滞情報や通常時の混雑情報などを確認し、役員の安全を確保しながら時間通りに次の場所へ送迎できるよう、事前準備をしているのです。特に長距離の移動をする役員の場合は、新幹線や飛行機など発車時刻が決まったものが次に待ち構えていることも多く、待機中であっても準備することがたくさんあります。

 

役員運転手の労働時間は、基本的には一般社員と同じように設定されています。したがって月々の給与形態は安定していることが多いでしょう。ただし、忙しい役員は既定の労働時間外でも移動することが多く、結果的に役員運転手が働く時間は不規則になりがちなのが現実です。

 

 

2.断続的労働の適用除外制度とは

 

原則として、指定時間外労働には別途で手当が支給されることになっています。ただし、役員運転手の仕事は事務職などとは異なり、雇い主である役員の予定に左右されがちです。たとえば、ゴルフや会食などの変則的なスケジュールが入り、送迎が指定時間外になることも多々あるでしょう。また、役員運転手は待機時間も多く、一般社員とは労働形態が異なり断続的な労働時間になることが多いです。

 

役員運転手の指定時間外の労働が残業とみなされるかどうか、問題になるケースも多くなっていることから、実際の勤務内容や拘束時間に基づき、労務規定をきちんと確認しておく必要があるでしょう。運転手の待ち時間のように断続的な労働時間については、使用者が行政官庁の許可を受けると、労働時間や休憩時間、休日などの規定適用を受けなくて済みます。

 

 

3.役員運転者を外部委託するメリット

 

役員運転手は、自社で直接雇用するよりも外部に委託したほうが多くのメリットを得られます。ここでは、役員運転者を外部委託するメリットについて解説します。

 

3-1.即戦力になる

 

外部委託する場合は、運転手の雇用を開始した日から即戦力として働いてもらうことができるのが魅力です。派遣会社で働く運転手は、役員運転手のノウハウも備わっています。会社の社員から1人を選出する場合は、運転手として働いた経験がない人が多いためノウハウを蓄積するのに時間がかかります。また、直接応募して役員運転手を採用するとなると、トレーニングなどの教育に手間と時間が必要になるでしょう。外部委託のドライバーは準備期間を最小限に抑え、スムーズに現場で活躍して役員のサポートに回ることができます。

 

3-2.コストを削減できる

 

ドライバーを社内で育成するとなると、研修に費用がかかります。また、新しく採用する場合は、求人や面接などにコストと時間がかかるでしょう。外部委託をすると、派遣会社に登録しているプロの運転手を雇うことができます。また、忙しい時期だけの依頼など、期間を限定して契約することもできるため、全体的にコストを抑えることが可能です。

 

 

役員運転手を導入してみよう

 

役員運転手にも、一般の社員と同じように労働時間が設定されています。仕事の形態がイレギュラーであることも多く、残業などの時間外手当を除外するには行政官庁の許可を得なければなりません。しかし、役員運転手を外部に委託することで、この点を契約前に明らかにしたり、コストを削減できたりするなど多くのメリットを得ることができるでしょう。忙しい役員の強力な助っ人として、是非運転手の雇用を検討してみましょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2020-01-15 00:00:00

役員運転手派遣・役員秘書派遣サービスを行う「トランスアクト(TransACT)」の公式アプリが新登場!

 

190116074457-5c3e6269bd926.jpg

 

 

クライアント様・登録スタッフ様向けに、お仕事案件などの最新情報をプッシュ通知でお届けします!

トランスアクト公式アプリでは「質の高い運転手や秘書」と「企業」のマッチングをサポートしています。

 

 

*———————————————————————*

トランスアクト公式アプリの機能紹介

*———————————————————————*

■役員運転手や役員秘書の派遣依頼をチャットでサポート

■役員運転手や役員秘書の派遣依頼・応募情報をプッシュ通知で配信

■役員運転手や役員秘書に必要な「気配り・心遣い・おもてなし」を動画やコラムで配信

 

※トランスアクト(TransACT)公式アプリは無料です。

※プッシュ通知について

最新情報をプッシュ通知でスマートフォンにお届けします。アプリの初回起動時にプッシュ通知を「ON」に設定するようにお願いします。なお、ON・OFFの設定は後からでも変更できます。


2020-01-10 00:00:00
■一流の経営者の条件とは?ポイントはタイムマネジメントにある

会社を経営する人なら、「一流」と呼ばれる経営者を目標としているのではないでしょうか。何をもって一流と呼ぶのかについては不明瞭な部分もありますが、ひとつ言えるのは「一流の経営者はタイムマネジメントを意識している」ということです。ここからは、一流を目指すためのタイムマネジメントのコツやポイントについて紹介します。

 

 

1.一流の経営者の条件

 

経営者の役割は多岐にわたりますが、総まとめ的に定義するなら「組織の経営に責任を持つこと」に他なりません。経営に責任を持つということは、自社で働く社員の生活や幸せの基盤を背負うことと同義です。社員の生活に対する責任に真正面から向き合ったときに「一流の経営者」にならねばならない、という目標が生まれるものではないでしょうか。タイムマネジメントに言及する前に、まずは、一流の経営者の条件を4つ紹介します。

 

一流の経営者の条件、1つ目は「判断力」です。判断力を研ぎ澄ますことで、適切な意思決定をおこないます。2つ目の条件は「先見性」です。現在のデータや数字を的確に読み、将来につなげる考え方が身についています。3つ目は、「リーダーシップ」です。社員をまとめあげ、全員が一丸となって同じ方向に進めるように導く力が求められます。そして、4つ目が「決断力」です。優柔不断さを捨て、明確な判断基準をもって「やる」「やらない」を決断します。

 

タイムマネジメントを徹底するのと同時に、一流の経営者となるための4つの条件は絶えず意識して行動を重ねましょう。

 

 

2.「タイムマネジメント」がキーワードとなる

 

ドラッカー著「経営者の条件」第2章でもタイムマネジメントの重要性がとりあげられています。時間は有限なので、経営者であるからには自らのタイムマネジメントに無頓着でいてはいけません。時間に追われていると、焦りが生まれます。焦りは判断ミスを呼び込むでしょう。徹底的に時間を管理することで心身ともに余裕が生まれるからこそ、必要な判断を必要なタイミングで下すことができるのです。

 

タイムマネジメントのキーワードは、「記録」と「整理」、そして「まとめあげ」です。まずは、1日のうち、何にどれだけの時間を使っているのかを正確に記録しましょう。記録したら、1日の終わりに、自分の時間の使い方を振り返って反省点などを整理します。そして、最後に、時間の使い方について反省点と改善点の総まとめを行い、翌日のスケジューリングに生かすのです。

 

タイムマネジメントをおこなうことで、「どういった仕事にどれくらいの時間がかかるのか」を把握できます。それにもとづいて打ち出した「時短、効率化のための改善策」のトライ&エラーを繰り返していくことで、必要な時間と不要な時間がだんだんと明確になってくるでしょう。最終的には時間への意識が自然と身につき、仕事の効率がアップします。

 

 

3.経営に関わることに集中できる時間を確保する

 

タイムマネジメントによって、「必要な時間」と「不要な時間」が明確になり、整理できます。整理ができたら、必要な時間を増やす方向性で一日のスケジュールを立てましょう。必要な時間を増やすために重要なのが、考え方の転換です。「自分でなくともできること」は潔く他の人に任せることで、経営者にしかできない重要な仕事にさく時間を増やすことができます。

 

おすすめは、秘書を雇うことです。秘書にスケジュール管理を任せることで、不要な労力やストレスを削減しながら、必要な時間を確保できます。移動中の時間を有効活用できるように、運転手の雇用を検討するのもよいでしょう。公共交通機関を利用するよりも、ずっと集中して思索にふけることができます。

 

 

必要な時間だけを作ることが経営者の条件

 

自らタイムマネジメントをおこなったうえで、どうしても必要な時間を作り出せないなら、秘書や運転手の雇用によって解決してはいかがでしょうか。秘書や運転手を採用するなら、信頼のおける派遣サービスを利用することをおすすめします。一押しは、トランスアクトグループです。生産性を高めることに特化した秘書や、プロのドライバーが所属しているため、忙しい経営者の即戦力として活躍してくれます。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2020-01-05 00:00:00
1_1_1_41695650.jpg

車の運転をする仕事にはいろいろな種類があって、仕事内容や待遇などが異なっています。その中でも、大手企業の役員クラスの移動をサポートする役員運転手に憧れている人もいるのではないでしょうか。そこで、役員運転手とはどういった仕事なのか、どのような魅力があり、どういう人に適正があるのかについて解説していきます。

 

 

■役員運転手とはどういった仕事?

役員運転手は、大手企業の取締役以上の役員や公的機関の役員などの移動を助ける仕事をします。役員のスケジュールに従い、専属ドライバーとして車を運転することになるのです。1日中役員の移動をサポートすることになるため、拘束時間は長くなります。役員が働いている時間は、常に待機していることになり、時には早朝や深夜まで仕事をするケースもあるのです。決まった労働時間がなく、拘束時間は毎日異なることが多いでしょう。ただし、労働時間が長くなったとしても、その分手当をつけてもらえます。

 

役員運転手は単に車の運転をしていればいいというわけではありません。身だしなみを整え、車内は常にきれいな状態を保つようにして、丁寧な態度や言葉遣いを心がけることが求められます。自社の役員だけではなく、他社の役員やお偉方を乗せるケースもあるため、失礼は許されません。気持ちよく移動してもらう努力が期待され、さまざまな工夫が必要となります。きちんと役割を果たして、人柄や仕事ぶりが認められれば、高待遇につながりやすいです。

 

 

■向いているのはどんな人?

役員運転手は、役員の移動時間をリラックスできるものにするために細かな気配りをすることが求められます。自分が担当する人の性格や癖、好みなどを把握しておき、万全の環境を整えておくのです。たとえば、車内温度を調整する際には、役員の体質に合わせます。スムーズに乗車できるように最適なタイミングで待機して、扉を開けて待つことも大切です。事前に目的地までの地図を確認して、最短時間で向かえるようにします。安全運転することを最優先し、乗り心地のよい運転を心がけましょう。運転中は必要以上に揺れることがないようにして、急発進や急停車なども避けます。こういった気配りができる人は役員運転手に向いているでしょう。

 

運転手は乗車している人たちの話が聞こえてしまうことが多いのですが、そこで見聞きしたことは誰にも漏らしてはいけません。秘密をしっかりと守り通せる人も、運転手としての適正があります。役員のスケジュールに合わせて仕事をするため、急な予定変更やキャンセルが発生することが多いです。それに臨機応変に対応できる人も運転手に向いているといえるでしょう。また、コミュニケーション力も重要なスキルで、担当する役員と意思疎通を図ることができなければいけません。さらに、ほかの業務の担当者ともコミュニケーションをして連携を取れることも大事です。

 

 

■目指すなら人間力を磨こう

役員運転手は、優れた運転技術だけではなく、気配りやコミュニケーションの方法など人間的な魅力も重視される仕事です。担当する役員の移動をサポートし続ける仕事で、役員が気持ちよく安心して移動できるようにしなければいけません。人としての魅力がなければ、担当を外されてしまうこともあるのです。人間としての魅力は、日常生活のなかで周りの人と接するうちに身につけていけます。これまでの人生経験が人としての魅力を作るのです。

 

魅力的な人は、自分よりも相手を重視して行動しています。これは、自分がどうしたいかではなく、相手が何をして欲しいかを考える努力をすることが大切です。また、相手だけではなく、自分への気配りも忘れてはいけません。自分にどんな能力があるのか、自分はどう見られているのかに気を配り、自分にできる範囲の仕事をします。自分の能力を超えたことを無理にやろうとしても、相手が不安を感じてしまうからです。自分を知ることが相手を安心させることにつながります。役員運転手を目指したいならば、人としての総合力を高めるための努力をしましょう。

 

 

 

 

 

社長・経営者に関する「トランスアクトグループ」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「一般財団法人トランスアクト財団」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「株式会社トランスアクトホールディングス」の記事も読まれています

役員運転手・社長秘書に関する「株式会社トランスアクト」の記事も読まれています

役員運転手・運転手・ドライバーに関する「DRIVE4ME」の記事も読まれています

社長秘書・秘書・セクレタリーに関する「SECRETARY4ME」の記事も読まれています

社長・経営者に関する「合同会社トランスアクト」の記事も読まれています

 


2020-01-01 00:00:00
令和2年 新年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

 

旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

引き続き、関係各社・各位の皆様方の多大なるご支援・ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

また、本年も更なるサービス・お客様満足の向上に努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


1