+81-3-6435-8559

トランスアクトグループ

トランスアクトグループ

最新情報

2019-01-15 00:00:00
1_1_1_41695650.jpg

車の運転をする仕事にはいろいろな種類があって、仕事内容や待遇などが異なっています。その中でも、大手企業の役員クラスの移動をサポートする役員運転手に憧れている人もいるのではないでしょうか。そこで、役員運転手とはどういった仕事なのか、どのような魅力があり、どういう人に適正があるのかについて解説していきます。

 

■役員運転手とはどういった仕事?

 

役員運転手は、大手企業の取締役以上の役員や公的機関の役員などの移動を助ける仕事をします。役員のスケジュールに従い、専属ドライバーとして車を運転することになるのです。1日中役員の移動をサポートすることになるため、拘束時間は長くなります。役員が働いている時間は、常に待機していることになり、時には早朝や深夜まで仕事をするケースもあるのです。決まった労働時間がなく、拘束時間は毎日異なることが多いでしょう。ただし、労働時間が長くなったとしても、その分手当をつけてもらえます。

 

役員運転手は単に車の運転をしていればいいというわけではありません。身だしなみを整え、車内は常にきれいな状態を保つようにして、丁寧な態度や言葉遣いを心がけることが求められます。自社の役員だけではなく、他社の役員やお偉方を乗せるケースもあるため、失礼は許されません。気持ちよく移動してもらう努力が期待され、さまざまな工夫が必要となります。きちんと役割を果たして、人柄や仕事ぶりが認められれば、高待遇につながりやすいです。

 

■向いているのはどんな人?

 

役員運転手は、役員の移動時間をリラックスできるものにするために細かな気配りをすることが求められます。自分が担当する人の性格や癖、好みなどを把握しておき、万全の環境を整えておくのです。たとえば、車内温度を調整する際には、役員の体質に合わせます。スムーズに乗車できるように最適なタイミングで待機して、扉を開けて待つことも大切です。事前に目的地までの地図を確認して、最短時間で向かえるようにします。安全運転することを最優先し、乗り心地のよい運転を心がけましょう。運転中は必要以上に揺れることがないようにして、急発進や急停車なども避けます。こういった気配りができる人は役員運転手に向いているでしょう。

 

運転手は乗車している人たちの話が聞こえてしまうことが多いのですが、そこで見聞きしたことは誰にも漏らしてはいけません。秘密をしっかりと守り通せる人も、運転手としての適正があります。役員のスケジュールに合わせて仕事をするため、急な予定変更やキャンセルが発生することが多いです。それに臨機応変に対応できる人も運転手に向いているといえるでしょう。また、コミュニケーション力も重要なスキルで、担当する役員と意思疎通を図ることができなければいけません。さらに、ほかの業務の担当者ともコミュニケーションをして連携を取れることも大事です。

 

■目指すなら人間力を磨こう

 

役員運転手は、優れた運転技術だけではなく、気配りやコミュニケーションの方法など人間的な魅力も重視される仕事です。担当する役員の移動をサポートし続ける仕事で、役員が気持ちよく安心して移動できるようにしなければいけません。人としての魅力がなければ、担当を外されてしまうこともあるのです。人間としての魅力は、日常生活のなかで周りの人と接するうちに身につけていけます。これまでの人生経験が人としての魅力を作るのです。

 

魅力的な人は、自分よりも相手を重視して行動しています。これは、自分がどうしたいかではなく、相手が何をして欲しいかを考える努力をすることが大切です。また、相手だけではなく、自分への気配りも忘れてはいけません。自分にどんな能力があるのか、自分はどう見られているのかに気を配り、自分にできる範囲の仕事をします。自分の能力を超えたことを無理にやろうとしても、相手が不安を感じてしまうからです。自分を知ることが相手を安心させることにつながります。役員運転手を目指したいならば、人としての総合力を高めるための努力をしましょう。


2019-01-01 00:00:00

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

引き続き、関係各社・各位の皆様方の多大なるご支援・ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

また、本年も更なるサービス・お客様満足の向上に努めて参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。


1